コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草紙・草子・双紙・冊子 そうし

大辞林 第三版の解説

そうし【草紙・草子・双紙・冊子】

〔「さくし(冊子)」の転〕
じてある本。字などを書いたものも書いてないものもいう。
仮名書きの物語・日記・歌などの総称。 「古今の-を御前におかせ給ひて/枕草子 23
書き散らした原稿。したがき。 「書きおかれける歌の-どもの/十六夜」
「絵草紙」「草双紙」などの略。
字の練習用に紙を綴じたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

草紙・草子・双紙・冊子の関連キーワード仮名書き枕草子絵草紙草双紙古今御前