コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荊林廸粋

1件 の用語解説(荊林廸粋の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

荊林廸粋

江戸後期の臨済宗の僧。豊後佐伯の人。道号は荊林、諱は廸粋、別に天香窟と号す。文政2年妙心寺に出世し紫衣を賜わって以来、三度の住持をつとめた。天保14年(1843)寂、74才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荊林廸粋の関連キーワード心海宗研清閑宗瑾淡海昌敬大順宗慎明堂宗宣仏母恵選万輝宗旭亀井幻庵剛堂宗健広叔元運

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone