コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒(新)巻 あらまき

百科事典マイペディアの解説

荒(新)巻【あらまき】

現在ではとりたてのサケの内臓を取り去り,甘塩にしたものを新巻という。元来は貯蔵や運搬のため荒なわで巻いたので荒巻とも書く。北海道の石狩川産のものが知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android