荒城宮・殯宮(読み)あらきのみや

精選版 日本国語大辞典「荒城宮・殯宮」の解説

あらき‐の‐みや【荒城宮・殯宮】

〘名〙 殯(あらき)のための宮殿死者の住んでいた所や墓地と定められた所の近くなどに設けた。古くは喪屋(もや)を作ってあてたが、元明天皇以後は、正室または寺院などを用いた。あがりのみや。もがりのみや。ひんきゅう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android