荒城宮・殯宮(読み)あらきのみや

精選版 日本国語大辞典「荒城宮・殯宮」の解説

あらき‐の‐みや【荒城宮・殯宮】

〘名〙 殯(あらき)のための仮の宮殿。死者の住んでいた所や墓地と定められた所の近くなどに設けた。古くは喪屋(もや)を作ってあてたが、元明天皇以後は、正室または寺院などを用いた。あがりのみや。もがりのみや。ひんきゅう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android