コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒御鋒・荒御前・荒御裂 あらみさき

1件 の用語解説(荒御鋒・荒御前・荒御裂の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

あらみさき【荒御鋒・荒御前・荒御裂】

武徳の高い先駆けの神。神功皇后の征韓の時に御座船に現れて守護したという住吉の大神の荒御魂あらみたまをいう。
〔「みさき」を「御裂き」の意にとって〕 愛人・夫婦などの仲をさくと考えられていた嫉妬しつと深い神。 「 -といふもの放たぬ者はかくぞある/狭衣 1

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone