荒木 万寿夫(読み)アラキ マスオ

20世紀日本人名事典「荒木 万寿夫」の解説

荒木 万寿夫
アラキ マスオ

昭和期の政治家 文相;国家公安委員長;衆院議員(自民党)。



生年
明治34(1901)年7月17日

没年
昭和48(1973)年8月24日

出生地
福岡県大牟田市

学歴〔年〕
京都帝大経済学部〔大正14年〕

経歴
大正14年逓信省に入り、満州国国務院参事官、広島逓信局長、商工省電力局長など歴任戦後郷里の大牟田市長を2期務め、22年衆院選に当選、芦田均内閣の大蔵政務次官、民主党政調会長。35年池田内閣の文相、科学技術庁長官兼原子力委員長。3年間の文相在任中、新教育課程の実施、文部省全国一斉学力調査の実施などを手がけた。43年から佐藤栄作内閣の行政管理庁長官兼国家公安委員長を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和「荒木 万寿夫」の解説

荒木 万寿夫
アラキ マスオ


肩書
文相,衆院議員(自民党),国家公安委員長

生年月日
明治34年7月17日

出生地
福岡県大牟田市

学歴
京都帝大経済学部〔大正14年〕卒

経歴
大正14年逓信省に入り、満州国国務院参事官、広島逓信局長、商工省電力局長など歴任。戦後、郷里の大牟田市長を2期務め、22年衆院選に当選、芦田均内閣の大蔵政務次官、民主党政調会長。35年池田内閣の文相、科学技術庁長官兼原子力委員長。3年間の文相在任中、新教育課程の実施、文部省全国一斉学力調査の実施などを手がけた。43年から佐藤栄作内閣の行政管理庁長官兼国家公安委員長を務めた。

没年月日
昭和48年8月24日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典「荒木 万寿夫」の解説

荒木 万寿夫 (あらき ますお)

生年月日:1901年7月17日
昭和時代の政治家。国家公安委員長;衆議院議員
1973年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android