コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒瀬ダム(熊本県八代市)

1件 の用語解説(荒瀬ダム(熊本県八代市)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

荒瀬ダム(熊本県八代市)

1955年に完成した発電目的の県営ダム。県単独事業で総工費29億円。ダム湖周辺の悪臭や振動などのため、2002年に潮谷義子知事が撤去を決めた。後任の蒲島郁夫知事は08年、撤去費の試算が見通しより膨らんだことなどから存続を表明したが、地元漁協の反対などでダムに必要な水利権延長の見通しが立たず、10年に撤去を決めた。撤去費は88億円。国の協力を得た結果、内訳は県68億円、国土交通省13億円、環境省6億円。

(2012-12-06 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒瀬ダム(熊本県八代市)の関連キーワード奈川渡ダムダム式発電手取湖御母衣湖アスワン・ダム穴あきダム俣野川発電所野反ダムヌレーク・ダムフーバー・ダム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone