荘司 きく子(読み)ショウジ キクコ

20世紀日本人名事典の解説

荘司 きく子
ショウジ キクコ

明治・大正期の教育者 宮城県女子師範学校教師。



生年
明治2年9月9日(1869年)

没年
大正11(1922)年7月24日

出生地
下総国香取郡(千葉県香取郡多古町)

旧姓(旧名)
野々宮

学歴〔年〕
東京高等女学校卒

経歴
明治20年に上京し、本郷の木村裁縫伝習所に通う。この時、小説家樋口一葉の妹・邦子と親交を結び、家族ぐるみのつきあいが始まった。また、小説家・半井桃水の妹とも親しく、師匠を求めていた一葉に彼を紹介。その他、一葉に和歌を学んで教授料を納めるなど、生活の苦しい樋口一家のために尽くすところがあった。その後、東京高等女学校に進み、教員免許を取得。同校卒業後は、麴町尋常小学校を皮切りに東京や千葉の小学校で教え、大正3年には宮城県女子師範学校教諭となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android