コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘官・庄官 しょうかん

大辞林 第三版の解説

しょうかん【荘官・庄官】

荘園で、領主の命を受けて年貢の徴収・上納、治安維持などの任務にあたった者。中央の領主から派遣される場合と地方の有力者が任命される場合とがあり、時代が下るにしたがって後者の形をとるようになった。荘司。
江戸時代、村役人の長。荘屋。庄屋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

荘官・庄官の関連キーワード江戸時代有力者村役人庄屋徴収年貢上納荘司領主荘園