荘田 平五郎(読み)ショウダ ヘイゴロウ

20世紀日本人名事典の解説

荘田 平五郎
ショウダ ヘイゴロウ

明治期の実業家 三菱長崎造船所支配人。



生年
弘化4年10月1日(1847年)

没年
大正11(1922)年4月30日

出生地
豊後国臼杵(大分県)

経歴
臼杵藩士の子。少年期には藩校集成館で白山照山に学び、のち鹿児島開成所に学ぶ。明治3年慶応義塾に入り、福沢諭吉の下で教鞭をとる。8年岩崎弥太郎から嘱望され三菱汽船会社(三菱会社)に入り翻訳係となり、13年管事兼会計課長、18年日本郵船理事、19年三菱社支配人を経て、20年三菱長崎造船所に支配人として赴任、三菱の造船・造機部門興隆の基礎作りに貢献する。この間、東京丸の内ビル街建設を遂行。この他、保険事業にも関与し、29年東京海上火災保険、大正6年明治生命保険の取締役会長となり、別に日本勧業銀行設立委員、東京商業会議所特別議員を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

荘田 平五郎 (しょうだ へいごろう)

生年月日:1847年10月1日
明治時代の実業家。東京海上会長;明治生命会長
1922年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android