コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘長(庄長) しょうちょう

1件 の用語解説(荘長(庄長)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうちょう【荘長(庄長)】

荘園の荘官職の一つ。主として9世紀の初期荘園荘官としてあらわれている。797年(延暦16),太政官は王臣家・寺社の荘に寄住する浪人の調庸の取りたてを国司はきちんとおこなうべきであり,荘長はそれを拒んではならない,また荘長はその権威をかりて私に田地を開作してはならない,ということを命令している。さらに,850年(嘉祥3),東大寺の荘園阿波国新嶋荘では荘長である家部財麿が荘田の確認をおこなっている。つまり,浪人をふくめた荘民の監督指揮をおこない,荘田を把握してその耕作に荘民を組織する責任をもつという,9世紀段階の初期荘園の在地における中枢になっているのが荘長なのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

荘長(庄長)の関連キーワード預所請所荘官上司四至牓示前官得分国免荘籠作承天

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone