コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻村伊知朗 おぎむらいちろう

1件 の用語解説(荻村伊知朗の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おぎむらいちろう【荻村伊知朗】

1932‐94(昭和7‐平成6)
元卓球世界チャンピオン。都立西校の1年生から卓球を始め,1952年に日本軟式卓球選手権に初出場し初優勝した。都立大から日本大学芸術学部映画学科に移った翌53年,全日本硬式卓球選手権に優勝,さらに54年にロンドンで開催された世界選手権でも初優勝をかざった。これ以後,現役を退く65年までに世界選手権で12のタイトルを獲得。頭脳的プレーヤーとして世界に知られ,日本卓球界の黄金時代を築き上げた。現役引退後も,71年名古屋での世界選手権の前年に訪中し,米中国交正常化につながるピンポン外交の糸口をつくりだし,91年の世界選手権ではスポーツ界で初の南北朝鮮統一チームコリア〉結成に尽力するなど,スポーツを通じた国際交流に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

荻村伊知朗の関連キーワード荻村伊智朗遠藤実木戸蓊沢村田之助(6代)田中利明田中日佐夫千野栄一服部ケイ増本健山田信夫(2)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone