コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻江露友(初代) おぎえ ろゆう

2件 の用語解説(荻江露友(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻江露友(初代) おぎえ-ろゆう

?-1787 江戸時代中期の荻江節唄方。
荻江節の祖。初代松島庄五郎の門弟で,明和3年から長唄の立唄(たてうた)として江戸市村座にでて名をはせた。のち劇場出演をやめ,吉原の遊廓でお座敷風の長唄をはじめて流行させた。のち荻江節として後世にうけつがれた。隠居して長谷川泰琳と号した。天明7年7月5日死去。姓は千葉。通称は新七。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

荻江露友(初代)

没年:天明7.7.5(1787.8.17)
生年:生年不詳
江戸中期,荻江節の開祖。本姓は千葉。長唄唄方の初代松島庄五郎の門人という。明和3(1766)年から5年に江戸市村座で長唄立唄として活躍し,初代富士田吉次と並び称された。その後劇場出演をやめ,吉原の廓内でお座敷風の長唄・荻江節を創始し,流行させる。安永年間(1772~81)に門弟の有田栄橘に2代目露友を譲り,長谷川泰琳と名乗った。劇場出演をやめた理由については,声が劇場向きでなかったためといわれるが,もともと長唄が本業ではなく旦那芸であったのが,何かの機会に劇場に出演するに至ったという岡野知十の説もある。

(吉野雪子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荻江露友(初代)の関連キーワード荻江節短夜荻江荻江寿々荻江ひさ荻江露友(2代)荻江露友(3代)荻江露友(4代)荻江露友(5代)錦屋惣次(初代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone