コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅原洞斎 すがわら どうさい

美術人名辞典の解説

菅原洞斎

江戸後期の狩野派画家。江戸生。名は庫徳、字は正朴、別号に阮塘・線池。仙台侯に仕え、鑑定家としても知られる。文政4年(1821)歿、60才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android