菅原 安男(読み)スガワラ ヤスオ

20世紀日本人名事典の解説

菅原 安男
スガワラ ヤスオ

昭和・平成期の彫刻家 東京芸術大学名誉教授。



生年
明治38(1905)年6月5日

没年
平成13(2001)年4月13日

出生地
奈良県奈良市

学歴〔年〕
東京美術学校美術学部彫刻科〔昭和3年〕卒

主な受賞名〔年〕
紺綬褒章〔昭和48年〕,勲四等旭日小綬章〔昭和57年〕

経歴
昭和19年東京美術学校(現・東京芸術大学)助教授。44年教授を経て、48年退官。のち名誉教授に。51年浅草寺龍神二軀、58年兵庫清水寺十一面観音を制作。他の代表作に高野山金剛峯寺金堂本尊金剛薩埵(さった)像がある。平櫛田中の影響を受け、伝統的な形態の木彫に近代的な表現を取り入れた作風で知られた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android