菅沼 達吉(読み)スガヌマ タツキチ

20世紀日本人名事典の解説

菅沼 達吉
スガヌマ タツキチ

明治・大正期の実業家 大阪市助役。



生年
文久1年(1861年)

没年
大正4(1915)年5月3日

出生地
陸奥国仙台(宮城県)

旧姓(旧名)

学歴〔年〕
東京帝大卒

経歴
仙台藩大目付・森泰次郎の子に生まれ、12歳で菅沼家の養子となる。伯父・成島柳北箕作秋坪漢学・英語学を学ぶ。二高教授兼舎監として9年間務めた後、銀行界に転じ、日本銀行大阪支店長を経て、山口銀行頭取に就任。のち手腕を買われて大阪市高級助役に選ばれ市政を担当。大阪電燈取締役も務め、関西政財界の重鎮として活躍した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android