コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅野序遊(初代) すがの じょゆう

2件 の用語解説(菅野序遊(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅野序遊(初代) すがの-じょゆう

1761-1824* 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
宝暦11年生まれ。河東(かとう)節の三味線方から5代都太夫一中(みやこだゆう-いっちゅう)の三味線方となり,一中節の再興に尽力。新曲は40曲におよぶ。義太夫節,長唄,箏曲(そうきょく)にも精通。文政6年12月12日死去。63歳。江戸出身。前名は山彦新次郎(3代)。代表曲に「廓(くるわ)の寿」「鉢の木」「松襲(まつがさね)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

菅野序遊(初代)

没年:文政6.12.12(1824.1.12)
生年:宝暦11(1761)
江戸中・後期,一中節中興の祖。江戸吉原の茶屋の生まれ。はじめ河東節の三味線方となり,3代目山彦新次郎を名乗る。寛政初年に5代目都一中の浄瑠璃を聞いて一中節に転向,菅野序遊を名乗る。5代目都一中と協力して「松襲」「羽衣」「廓の寿」「吉原八景」など40曲近い新曲を作り,「信田妻」「競牡丹」「小町少将」などの古典曲を復活させた。本業のほかに山田検校に箏の奥許を受け,染太夫について義太夫200段を学んだ(『一中譜史』)という。

(吉野雪子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菅野序遊(初代)の関連キーワード弘尊一中節鶏冠中興の祖出口吉原言葉吉原俄都太夫一中菅野序遊(4代)都三中

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone