コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅野序遊(2代) すがの じょゆう

2件 の用語解説(菅野序遊(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅野序遊(2代) すがの-じょゆう

1784-1841 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
天明4年生まれ。初代菅野序遊の子。一中節(いっちゅうぶし)菅野派の家元。父と同様河東(かとう)節の三味線方から一中節にうつる。6代都太夫(みやこだゆう)一中の後継者争いに反発,天保(てんぽう)10年菅野派をたてた。茶,俳諧(はいかい),篆刻(てんこく)などにもすぐれた。天保12年1月10日死去。58歳。江戸出身。前名は山彦文次郎

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

菅野序遊(2代)

没年:天保12.1.10(1841.2.1)
生年:天明4(1784)
江戸中・後期の一中節菅野派の家元。初代の子。父と同じく河東節の三味線方山彦文次郎から一中節に転向して2代目序遊を継いだ。茶,俳諧,書などにも優れていた。6代目都一中の後継者が定まらず紛議したのに反発して,天保10(1839)年都派から分かれて菅野派を立てた。

(吉野雪子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菅野序遊(2代)の関連キーワード素浄瑠璃寄進浄瑠璃時代浄瑠璃世話浄瑠璃床浄瑠璃江戸半太夫(5代)江戸半太夫(6代)かほ一竹本筆太夫(初代)竹本弥太夫(3代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone