菅 忠道(読み)カン タダミチ

20世紀日本人名事典の解説

菅 忠道
カン タダミチ

昭和期の児童文学評論家,児童文化運動の指導者 日本子どもを守る会副会長。



生年
明治42(1909)年4月18日

没年
昭和54(1979)年11月20日

出身地
東京

学歴〔年〕
東京大学教育学科中退

主な受賞名〔年〕
児童文学賞(第6回)〔昭和32年〕「日本の児童文学」

経歴
五高在学中から童話研究会に参加し、東大在学中はセツルメント運動に参加して労農少年団関係を担当。昭和11年から17年にかけて岩波書店の「教育」を編集。その間、児童文学に近付き、15年「児童文学史の方法について」を発表し、以後児童文学評論家として活躍。31年刊行の「日本の児童文学」で児童文学者協会児童文学賞を受賞した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

菅 忠道 (かん ただみち)

生年月日:1909年4月18日
昭和時代の児童文学評論家;児童文化運動の指導者。日本子どもを守る会副会長
1979年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android