コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊山当年男

美術人名辞典の解説

菊山当年男

陶芸家・郷土史家・歌人。三重県生。本名は種男。大阪朝日新聞に入社したが、のち斎藤茂吉に師事。又、古伊賀焼の復興に尽力し、三重県無形文化財の指定を受ける。松尾芭蕉研究にも力を入れ、著書に『芭蕉亡命の一考察』『芭蕉研究』等。昭和35年(1960)歿、76才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

菊山当年男の関連キーワード藤堂蝉吟

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android