コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊襲・菊重 きくがさね

大辞林 第三版の解説

きくがさね【菊襲・菊重】

きく 」に同じ。
五つ衣ぎぬの配色の名。重ね袿うちきで、蘇芳すおうを上を濃く、中へ次第に薄くして五枚重ね、その下に白を三枚重ねる。一説に、上衣は白、五つ衣は外から白二枚・薄紫二枚・紫、単ひとえを朱とする。
菊座 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

菊襲・菊重の関連キーワード五つ衣

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android