コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菜の花栽培によるチェルノブイリ事故の救援

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

菜の花栽培によるチェルノブイリ事故の救援

1986年に発生したチェルノブイリ原発事故の被災地・ウクライナでは、原子力の専門家や市民らによるNPO法人「チェルノブイリ救援・中部」(名古屋市)が90年から支援活動を開始。2007年から、ウクライナの研究者らと汚染された農地での菜の花の栽培を始めた。収穫した菜種ディーゼル燃料をつくり、茎や菜種の搾りかすからバイオガスを作る実験もしている。

(2011-06-18 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

菜の花栽培によるチェルノブイリ事故の救援の関連キーワードジャーマン今西祐行灰谷健次郎アイゼンマン木村敏桑原史成新藤兼人彗星・小惑星探査機スペースシャトル中川李枝子

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android