コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菩提華祥蕊

美術人名辞典の解説

菩提華祥蕊

江戸後期の真言宗の僧。阿波生。号に風狂子・鳴門遺窩等。阿波正興庵の祥海、河内高貴寺の慈雲尊者に師事。長谷部に幻夢庵を結び、のち正興庵を継いだ。詩文・画を能くした。『東遊漫草』『両部曼荼羅随聞記』等の著がある。文政6年(1823)寂、74才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android