萩原 聖人(読み)はぎわら まさと

タレントデータバンクの解説

萩原 聖人


芸名
萩原 聖人

性別
男性

生年月日
1971/08/21

星座
しし座

干支
亥年

出身地
神奈川県

身長
175cm

体重
56kg

靴のサイズ
25cm

職種
タレント・俳優・女優

プロフィール
'87年、人気TVドラマ『あぶない刑事』の第32話『迷路』にて置き引き少年の役でTV初出演。'89年『ウォータームーン』(工藤栄一監督)で主演長渕剛の弟分の少年僧役で本格的に映画デビュー、'90年『遙かなる甲子園』(大澤豊監督)で、聾唖学校の高校生野球部員を好演、同年TVでは『はいすくーる落書2』(TBS)で、元中学総番長松岡直次郎役の孤独な色気で一気に注目を集めた。その後、『学校へ行こう!』('91年CX)、『先生のお気に入り』('91年TBS)、『1970 ぼくたちの青春』('91年CX)、『葡萄が目にしみる』('91年CX)と青春ドラマに立て続けに出演し、若手実力派俳優の地位を確立。その後のTVの代表作に、『包丁いっぽん』('93年NHK 主演)、『白鳥麗子でございます』('93年CX)、『夏子の酒』('94年CX)、『若者のすべて』('95年CX 主演)などがある。映画では、'93年、山田洋次監督『学校』や、崔洋一監督『月はどっちに出ている』、天間敏広監督『教祖誕生』などの作品で数々の映画賞を受賞。'95年、崔洋一監督『マークスの山』で日本アカデミー賞優秀助演男優賞とブルーリボン賞助演男優賞を、'97年、黒沢清監督『CURE』で二度目の日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。TV出演作に、『外交官 黒田康作』('11年CX)、『名前をなくした女神』('11年CX)、『江~姫たちの戦国』('11年NHK大河ドラマ)、『未解決事件File2 オウム真理教』('12年NHK)、『尾根のかなたに』('12年WOWOW)など。近年は、舞台にも意欲的に出演し、映画、TV、舞台と幅広く活躍している。また、韓国ドラマ、映画のペ・ヨンジュンの日本語吹き替えをはじめ、アニメーションのアテレコ(『闘牌伝説アカギ』、『賭博黙示録カイジ』他)、CMやドキュメンタリー番組のナレーションなどでも高い評価を得ている。

代表作品
テレビ東京『コードネームミラージュ』(2017) / 映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(2017) / 舞台『アート』

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

萩原 聖人の関連情報