コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩城下町マラソン

1件 の用語解説(萩城下町マラソンの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

萩城下町マラソン

走ることの楽しさ、健康、体力づくりに加え、県内外からの参加者に歴史と自然の町「萩」をPRするのを目的に2000年に始まった。萩市椿の萩ウェルネスパークを発着点に、萩城下町を抜けるハーフマラソン、同パークや旧跡を巡る10キロ、5キロ、2キロ、ファミリー2キロの5種目。 今年は城下町などが世界文化遺産に登録されたこともあり、募集開始後3日で1千人を突破、4千人超が参加する予定。ゲストランナーは、1997年の福岡国際マラソン2位の早田俊幸さん。大会前日の12月5日には早田さんが指導する「ジョギング教室」も開かれる。

(2015-10-20 朝日新聞 朝刊 山口・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

萩城下町マラソンの関連キーワード日本ウェルネススポーツ大学スパークプラグパークシティービジネスパーソン大阪ビジネスパーク 円形ホールシトラスパーク瀬戸田ノーザンホースパークパルケエスパーニャパークの日ウェルネス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

萩城下町マラソンの関連情報