コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落ちる・墜ちる・堕ちる おちる

大辞林 第三版の解説

おちる【落ちる・墜ちる・堕ちる】

( 動上一 ) [文] タ上二 お・つ
高い所から低い所へ移動する。
(「墜ちる」とも書く)それ自身の重みによって上から下へ移る。 「屋根から-・ちた」 「過って池に-・ちた」 「滴が-・ちる」 「財布が-・ちている」
空から雨・雪などが降る。 「大粒の雨が-・ちて来た」 「雷が-・ちる」
勢いよく降りる。 「滝となって-・ちる」 「大鹿二つ妻鹿一つ…一つの谷へぞ-・ちたりける/平家 9
光や影が物の上に映る。 「並木の影が路上に-・ちる」 「月影が水に-・ちる」
橋など高い所にあるものが崩れてこわれる。 「橋が-・ちた」 「壁が-・ちた」
もとあったものがなくなる。
付いていたものがとれて、なくなる。 「汚れが-・ちる」 「葉の-・ちた木」
含まれているはずのものが、なくなる。 「彼の名が名簿から-・ちた」
病気・狐など身にとりついていたものがなくなって、もとの状態に戻る。 「憑き物が-・ちる」
そろっているはずのものが抜けて、不完全になる。 「一夜も-・ちず夢いめにし見ゆる/万葉集 3647
程度が低くなる。
高い程度・段階にあったものが低い程度・段階に変化する。 「人気が-・ちる」 「スピードが-・ちる」 「風が-・ちる」
良い状態にあったものが悪い状態に変化する。 「味が-・ちる」 「鮮度が-・ちる」
他に比べて劣った状態である。 「量産品は品が-・ちる」 「兄より弟の方が成績が-・ちる」
(話が)卑猥なことにふれる。みだらになる。 「あいつが入ると話が-・ちる」
社会的な地位や所属が上位から下位に移る。
身分・家柄などが低くなる。 「二軍に-・ちる」 「かうまで-・つべき宿世ありければにや/源氏 蓬生
(「堕ちる」とも書く)人間の品格などが下がる。堕落する。 「かつての英雄も-・ちたものだ」
(「堕ちる」とも書く)望みや救いのない所にはまり込んで身動きできなくなる。 「地獄に-・ちる」
ある水準や条件に達しないために受け入れられない。 「試験に-・ちる」 「前回の選挙で-・ちた」
その状態を持ちこたえられなくなる。
(都などから)逃げ去る。 「西国に-・ちる」 「平家都を-・ちはてぬ/平家 7
白状する。 「さすがの犯人も子供の写真を見せられると-・ちた」
相手に従う。 「金では-・ちない人だ」
決着がつく。
ある所に落ち着く。 「最後は身の上話に-・ちた」 「眠りに-・ちる」
入札・無尽などの結果が出る。 「絵は A 氏に-・ちた」
手形などが決済される。 「手形が-・ちない」
(動物が)死ぬ。(首などを絞められて)気絶する。 「絞め技で簡単に-・ちた」 「 - ・ちた肴を吟味の役人/浄瑠璃・宵庚申
コンピューターなどが作動しなくなる。ダウンする。 「パソコンが-・ちる」 〔「おとす」に対する自動詞〕
[慣用] 語るに- ・地に- ・手に- ・ほっぺたが- ・目から鱗うろこが- / 巨星墜つ ・人後じんごに落ちない ・腑に落ちない

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android