落ち留まる(読み)おちとまる

大辞林 第三版の解説

おちとまる【落ち留まる】

( 動四 )
落ちることをやめる。落ちなくなる。 「せきやらぬ涙よ暫し-・れ/玉葉 恋三
あとに残る。とどまる。 「うまやの長に句詩取らする人もありけるを、まして-・りぬべくなむおぼえける/源氏 須磨
物がそのまま残る。 「 - ・れる御指貫・帯など、翌朝つとめて奉れり/源氏 紅葉賀
生き残る。 「 - ・る身どもの悲しきを/源氏 総角

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android