落栗庵木網

美術人名辞典の解説

落栗庵木網

元木網(又杢阿弥)。通称大野屋喜三郎。画を嵩谷に学びて嵩松と号す。天明年間の狂歌大家にして眞顔、金埒、有政等此門より出づ。文化8年(1811)歿

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android