落栗庵木網

美術人名辞典の解説

落栗庵木網

元木網(又杢阿弥)。通称大野屋喜三郎。画を嵩谷に学びて嵩松と号す。天明年間の狂歌大家にして眞顔、金埒、有政等此門より出づ。文化8年(1811)歿

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android