落止・落留(読み)おちとどまる

  • おちとどま・る
  • おちとま・る

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自ラ四〙
① そのままあとに残る。なくならないで残る。
※源氏(1001‐14頃)浮舟「おちとどまりて、人の御ためも、いとほしからん」
② 戦いから逃げて行く者が、ある場所にとどまる。戦いから逃げずに残る。
※平家(13C前)一〇「君はおちとどまらせ給て」
〘自ラ四〙
① 物がそのままあとに残る。落ちてとどまる。なくならないで残る。
※後撰(951‐953頃)雑四・一二八五「かひもなき草の枕に置く露の何にきえなでおちとまりけん〈よみ人しらず〉」
② 人が居残る。生き残る。そのままとどまる。
※源氏(1001‐14頃)須磨「むまやの長(をさ)に、口詩(くし)とらする人もありけるを、まして、おちとまりぬべくなん、思ひける」
③ 落ちることをやめる。
※玉葉(1312)恋三・一五四三「せきやらぬ涙よしばし落ちとまれさまでは人に見えじと思ふに〈永福門院内侍〉」
④ 戦いから逃げのびて止まる。
※義経記(室町中か)五「おちとまる所は山河のたぎりて流るるなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android