コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落花枝にかえらず らっかえだにかえらず

大辞林 第三版の解説

らっかえだにかえらず【落花枝にかえらず】

〔伝灯録 17「破鏡不重照、落花難枝」〕
ひとたび散った花は再び枝に戻らない意。死んだ者は再び生き返らないたとえ。また、一度破れた男女の縁は再びもとに戻らないたとえ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

落花枝にかえらずの関連キーワードたとえ伝灯録落花

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android