コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落雷訴訟

1件 の用語解説(落雷訴訟の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

落雷訴訟

私立土佐高(高知市)サッカー部員だった北村さんと家族が99年、高校などを相手に高知地裁に提訴。高校側は「落雷は天災で回避は不可能だった」として争っている。一、二審は全面敗訴したが、最高裁判決(06年)は「落雷は予見できた」などとして二審判決を破棄し、審理を高松高裁に差し戻した。北村さんは現在も日常生活に介助者が必要で、将来にわたるリハビリ費用など約6億5千万円を求めている。

(2008-09-15 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

落雷訴訟の関連キーワード高知市高知城草サッカー栃木SCミニサッカーサッカード静岡学園サッカー部サッカーストッキングサッカースパイクW杯サッカー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone