コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉腐病(アカクローバ)

飼料作物病害図鑑の解説

葉腐病(アカクローバ)

全国で発生し、草地の夏枯の一因となる重要な糸状菌病。初め灰緑色、水浸状に葉が変色し、やがてゆでたように軟化していく。さらに病気が進むと、茎や葉が 倒れて重なって腐り、これをつづり合わせるようにしてくもの巣状の菌糸が見られる。罹病植物上には、明褐色〜褐色、直径5mm程度の菌核が形成される。こ の時点で草地はつぼ状に枯れ、徐々に裸地化が進む。病原菌はほとんどのイネ科及びマメ科牧草を侵すきわめて多犯性の菌。IB菌およびIA菌が関与する。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

葉腐病(アカクローバ)の関連キーワード紋枯病(パールミレット・ネピアグラス)紋枯病(トウモロコシ)紋枯病(オオクサキビ)紋枯病(シコクビエ)紋枯病(飼料イネ)ブラウンパッチくもの巣病モニリア病黒あざ病葉腐病紋枯病

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android