葉蝋石・葉蠟石(読み)ようろうせき

大辞林 第三版の解説

ようろうせき【葉蝋石・葉蠟石】

アルミニウムの含水ケイ酸塩鉱物。単斜晶系。色は白ないし帯褐緑色で、微小な板状結晶。真珠光沢がある。熱水鉱脈中に長石類の変質物として塊状に産出。石筆・印材・耐火材に利用する。パイロフィライト。 → 蠟石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android