コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

著作物の再販制度

1件 の用語解説(著作物の再販制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

著作物の再販制度

著作物(書籍、雑誌、新聞、音楽用CD、音楽用テープ及びレコード盤)について、出版社などのメーカー側が小売価格を決められる制度。独占禁止法では、メーカーが自社商品の販売価格を指示して守らせることを禁止しているが、著作物には適用されない。価格競争によって売れ筋に偏ることや、地域によって価格差が出ることを防ぎ、著作物の多様性や国民の知る権利を守る狙いがある。

(2013-07-25 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

著作物の再販制度の関連キーワードエンハンストCDCD-DAマスタリングCD著作物部数CDエクストラスーパーハイマテリアルCDハイクオリティーCDブルースペックCD

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

著作物の再販制度の関連情報