コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛蠹庵 かつ とあん

1件 の用語解説(葛蠹庵の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

葛蠹庵

江戸後期の儒者・医者。大坂生。別姓に葛飾・葛城・橋本、名は張、字は子琴、通称は貞元、別号に御風楼・小園叟。家業の医を学ぶかたわら、菅谷甘谷・兄の楽郊について儒学を修めた。また詩文を好み、片山北海の混沌社でその詩名を称せられた。著書に『葛氏遺香集』『詠物詩』等がある。天明4年(1784)歿、46才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葛蠹庵の関連キーワード森鼎耒耜橋村正令三宅錦川越智高洲葛飾北洋釈韜光だて藤原栗所

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone