葛西 猛千代(読み)カサイ タケチヨ

20世紀日本人名事典の解説

葛西 猛千代
カサイ タケチヨ

明治〜昭和期の北方民族研究家



生年
明治3年(1870年)

没年
昭和26(1951)年

出身地
青森県

経歴
郷里の青森県で警察官となる。明治40年樺太庁に移り、アイヌ、ニブヒなどの生活環境を調査。44年辞職し、樺太南部の郵便局長を務める傍ら、北方民族の研究を続けた。著書に「樺太アイヌの民俗」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android