葛鳥石

美術人名辞典の解説

葛鳥石

江戸中期の書家。江戸生。本姓松下、姓は源、書札に於て葛を氏とした。名は辰・曇一、字は君嶽・龍仲・神力別号に白玉斎・東海陳人等がある。初め書法を細井廣澤に学び、のち欧陽詢を祖述しついに一家を成した。晩年には本願寺の賓師となる。書を模することに巧みであったが、詩文・画も能くした。安永8年(1779)歿、80才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android