葦・蘆・葭・芦(読み)あし

大辞林 第三版の解説

あし【葦・蘆・葭・芦】

イネ科の多年草。温帯および暖帯に広く分布し、水辺に自生する。地下の長い根茎から高さ2メートル 以上に達する稈かん(茎)を出し、群生する。葉は二列に互生し、ササの葉に似る。秋、ススキに似た大きな穂を出す。稈は簾すだれやよしずにする。「あし」が「悪し」に通ずるのを忌んで、「よし」ともいう。ハマオギ。 [季] 秋。
[句項目] 葦をふくむ雁

よし【葦・蘆・葭・芦】

〔「あし」が「悪し」に通ずるのを忌んで言い換えた語〕
植物アシのこと。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android