コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒔く・播く まく

大辞林 第三版の解説

まく【蒔く・播く】

( 動五[四] )
発芽・生育させるために、植物の種を地面に散らしたり、地中に埋めたりする。 「苗代なわしろに籾もみを-・く」
物事の原因をつくる。 「自分で-・いた種」
蒔絵まきえをするために金銀粉を散らす。 「衣筥には黄金して洲流を-・きためり/栄花 駒競べの行幸
[可能] まける
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

蒔く・播くの関連キーワード駒競べ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android