コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒸気トラップ じょうきトラップsteam trap

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒸気トラップ
じょうきトラップ
steam trap

ドレントラップともいう。蒸気暖房や蒸気による乾燥装置などで,蒸気は逃さないで配管中に生じた復水 (ドレン drain) だけを取出したり,これを回収するために用いられる装置。ドレンと蒸気の比重差を利用して作動させる上向きバケット式やドレンの温度変化を利用して作動させるバイメタル式などいろいろの種類があり,一種の液位制御機器としても用いられるなど利用範囲が広い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の蒸気トラップの言及

【トラップ】より

…【加藤 正和】(2)液体,気体,蒸気などを輸送する配管系から,その主要流体とは異質または異相の流体のみを自動的に排出する弁。具体的には,水配管からの空気排除を目的としたベント,空気配管からの凝縮水の排除を目的としたエアトラップ(空気トラップ),蒸気配管からの復水の排除を目的としたスチームトラップ(蒸気トラップ)などがある。自動排出の原理は,排出する流体が一定量に達すると,密度差を利用して弁を開放するものが多い。…

※「蒸気トラップ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蒸気トラップの関連情報