コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓬洲禅苗 ほうしゅう ぜんみょう

美術人名辞典の解説

蓬洲禅苗

江戸後期の臨済宗妙心寺派の僧。大分県佐賀関生。俗姓木田氏、諱は禅苗、字は蓬洲。卓洲胡僊の下で西来の密旨を悟得した。嘉永元年には妙心寺に出世して紫衣を賜わる。明治5年(1872)寂、71才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android