コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓮如上人 れんにょ しょうにん

美術人名辞典の解説

蓮如上人

室町後期の浄土真宗の僧。本願寺八世。七世存如上人の長男。幼名は布袋丸。諱は兼寿信証院と称した。勅謚は慧灯大師。多くの「御文」(御文章)を作り、真宗教義を簡潔にして民衆に広めた。京都山科本願寺・大坂石山本願寺等を建てて本願寺の隆盛を図り、中興上人と仰がれた。明応8年(1499)寂、85才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

蓮如上人の関連キーワード福井県あわら市吉崎蓮如上人記念館徳島唐木仏壇吉崎御坊跡大須賀秀道山本 晃紹稲葉 昌丸大阪(府)大阪(市)梅原 真隆宮崎 円遵文如上人清水 脩稲葉昌丸佐々木睦粟津英洲大谷瑩潤大阪市名塩紙万歳

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蓮如上人の関連情報