蓮華・蓮花(読み)れんげ

精選版 日本国語大辞典「蓮華・蓮花」の解説

れん‐げ【蓮華・蓮花】

〘名〙
① 蓮(はす)の花。れんか。また、蓮。《季・夏》
※将門記(940頃か)「美咲すること、さながら蓮華の開き敷くが如し」
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「あやしう、蓮華の花ぞのよりといふ人のありつれば」 〔法華経‐従地踊出品〕
② 紋所の名。蓮の花を図案化したもの。立ち蓮華、割り蓮華などがある。
③ 「れんげざ(蓮華座)②」の略。
※百座法談(1110)三月一二日「八葉の蓮花のうへに卅七尊ことごとく光をはなちてゐたまへるをみて」
④ 植物「げんげ(翹揺)」の異名
⑤ 指をたとえていう。
※御伽草子・大橋の中将(室町時代短篇集所収)(室町末)下「十のれんげをもみ合はせ、南無や若宮八幡宮
⑥ (「ちりれんげ(散蓮華)」の略) 汁物などを食するのに用いる陶製(さじ)の類。
(1911)〈徳田秋声〉七一「お銀は柔らかさうな処を、また蓮華で掬ってやった」
[語誌](④について) 古くはゲンゲの方が優勢であったが、近世中期から次第に「蓮華」「蓮花」の表記でレンゲと呼ぶ例が増えた。現在目にする「紫雲英」の表記は比較的新しく、「日本植物名彙(1884)」に見られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android