コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔦谷重三郎 つたや じゅうさぶろう

江戸・東京人物辞典の解説

蔦谷重三郎

1750〜1797(寛延3年〜寛政9年)【出版業者】写楽・歌磨・山東京伝らを育てた、江戸文化の名プロデューサー。 出版業者。江戸新吉原に本屋耕書堂を開業。後、日本橋の通油町に転居、黄表紙錦絵などを刊行して、江戸で指折りの版元となった。平賀源内、大田南畝らと親交があり、東洲斎写楽喜多川歌麿・山東京伝らを大成させたことは有名。寛政の改革で家財半減の処罰を受け、その後も活動は続けたが不遇だった。

出典|財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について | 情報

蔦谷重三郎の関連キーワードティークザンド朝聖ミヒャエリス教会トーマス教会ウェールズ文学怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)華岡青洲ハーシェル(Sir Frederick William Herschel(1738―1822))ヒッタイトヒッタイト美術

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android