コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔦谷重三郎 つたや じゅうさぶろう

1件 の用語解説(蔦谷重三郎の意味・用語解説を検索)

江戸・東京人物辞典の解説

蔦谷重三郎

1750〜1797(寛延3年〜寛政9年)【出版業者】写楽・歌磨・山東京伝らを育てた、江戸文化の名プロデューサー。 出版業者。江戸新吉原に本屋耕書堂を開業。後、日本橋の通油町に転居、黄表紙・錦絵などを刊行して、江戸で指折りの版元となった。平賀源内大田南畝らと親交があり、東洲斎写楽喜多川歌麿・山東京伝らを大成させたことは有名。寛政の改革で家財半減の処罰を受け、その後も活動は続けたが不遇だった。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蔦谷重三郎の関連キーワード船橋則賢芝崎好寛大河内輝和元敞女王貞子女王島雅重博山女王堀田正富松平勝全森俊韶

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone