コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵預かり切手 くらあずかりきって

大辞林 第三版の解説

くらあずかりきって【蔵預かり切手】

江戸時代、各藩が米や砂糖など蔵預かりしていたものに対して振り出した倉荷証券。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蔵預かり切手の関連キーワード江戸時代倉荷証券

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android