コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕗・苳・款冬・菜蕗 ふき

大辞林 第三版の解説

ふき【蕗・苳・款冬・菜蕗】

キク科の多年草。山野に自生し、また野菜として栽培する。早春、地上に「ふきのとう」と呼ばれる苞ほうに包まれた花茎を出し、生長すると淡黄白色の頭花をつける。雌雄異株。花後、長い柄のある腎心形の大きな葉が出る。香りのある葉柄とふきのとうを食用とする。 [季] 夏。 《 -の葉のうち重つて沢となる /山口青邨 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

蕗・苳・款冬・菜蕗の関連キーワードふきのとう山口青邨

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android