コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕗・苳・款冬・菜蕗 ふき

1件 の用語解説(蕗・苳・款冬・菜蕗の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ふき【蕗・苳・款冬・菜蕗】

キク科の多年草。山野に自生し、また野菜として栽培する。早春、地上に「ふきのとう」と呼ばれる苞ほうに包まれた花茎を出し、生長すると淡黄白色の頭花をつける。雌雄異株。花後、長い柄のある腎心形の大きな葉が出る。香りのある葉柄とふきのとうを食用とする。 [季] 夏。 《 -の葉のうち重つて沢となる /山口青邨 》

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone