コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕩ける・盪ける とろける

大辞林 第三版の解説

とろける【蕩ける・盪ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 とろ・く
溶けてやわらかになる。 「飴あめが-・ける」
金属が熱せられて液状になる。 「はんだが-・ける」
心を奪われて、うっとりとした気持ちになる。心のしまりがなくなる。 「甘い言葉に心が-・ける」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android