薄膜型太陽電池

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

薄膜型太陽電池

シャープが作るのはガラス板の表面に作った厚さ約0・002ミリの薄いシリコン膜で発電する太陽電池。現在主流のタイプは結晶型と呼ばれ、シリコンの塊を厚さ0・2ミリ前後にスライスして作る。薄膜型はシリコン使用量が結晶型の100分の1で済むため安価な半面変換効率は30%程度低い。結晶型に比べ高温下でも出力が落ちにくいため、気温の高い地中海沿岸や砂漠などでの発電には向くとされる。

(2010-03-30 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android