コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薄膜型太陽電池

1件 の用語解説(薄膜型太陽電池の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

薄膜型太陽電池

シャープが作るのはガラス板の表面に作った厚さ約0・002ミリの薄いシリコン膜で発電する太陽電池。現在主流のタイプは結晶型と呼ばれ、シリコンの塊を厚さ0・2ミリ前後にスライスして作る。薄膜型はシリコン使用量が結晶型の100分の1で済むため安価な半面、変換効率は30%程度低い。結晶型に比べ高温下でも出力が落ちにくいため、気温の高い地中海沿岸や砂漠などでの発電には向くとされる。

(2010-03-30 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薄膜型太陽電池の関連キーワードガラス絵強化ガラス銀鏡ガラス板ガラス写し腰ガラスジャロジー艶消しガラスシャープ・サンド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

薄膜型太陽電池の関連情報