コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薛濤・薛涛 せつとう

大辞林 第三版の解説

せつとう【薛濤・薛涛】

768~831) 中国、中唐の女流詩人。字あざなは洪度(弘度)。零落れいらくして成都で歌妓かぎをしていた。詩文に巧みで、元稹げんしん・白居易ら、当代の詩人との交遊は有名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

薛濤・薛涛の関連キーワードステファヌス3世(4世)フィリップススキャン時の色数コンスタンチヌス2世株式XGAWXGAピピンXGAVRAM