コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩摩外記(1世) さつまげき[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薩摩外記(1世)
さつまげき[いっせい]

江戸時代の古浄瑠璃太夫。薩摩外記直政。外記節流祖。経歴は諸説差異が多くて明らかでないが,薩摩浄雲門人とする点はほぼ共通している。太夫としての活動は万治から正徳年間にわたる。「下り薩摩」と呼ばれ,また大薩摩と称した。延宝6 (1678) 年歌舞伎に出演しはじめ,操芝居の興行は少くなった。語り物は初期の『佐々木問答』『秀平三代記』,後期の『鎧之本尊女鉢木』『出世太平記』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

薩摩外記(1世)の関連キーワード江戸時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android